横浜市、介護人材受け入れでベトナム3都市・5学校と覚書

 横浜市はこのほど、海外からの介護人材受け入れを推進するため、ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市、北中部地方トゥアティエン・フエ省の3省・市および大学・職業訓練校5校との間で介護分野における覚書(MOU)を締結した。

 覚書を締結した大学・職業訓練校は、◇ホーチミン市:バックコアナムサイゴン短期大学、レティリエン職業訓練校、◇トゥアティエン・フエ省:フエ医科短期大学、フエ医科薬科大学、◇ダナン市:ドンアー大学の5校。

 横浜市では、要介護認定者数の増加に伴い介護需要が増大する一方で介護人材の不足が大きな課題となっており、2025年には市内で約8500人の介護人材不足が見込まれている。こうした中、同市は「第7期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」に基づき、新たな介護人材の確保と将来の介護人材の養成に取り組んでいる。

サイト:VIET JO
URL:https://www.viet-jo.com/news/nikkei/180801145108.html

関連記事

  1. コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

  2. 介護人材不足 採用難でベッド休眠

  3. なぜ介護ビジネスは中小企業ばかりなのか〜8割超の原価は人件費、施設費〜

  4. 介護施設をスマホで見学できる介護専門ストリートビュー!

  5. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験

  6. 年金、医療、介護…「日本の社会保障制度」って本当に大丈夫なの? 介護費用は2040年に60%も増加

  7. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  8. プラス、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で「吉野家のやさしいごはん(R) うなぎの蒲焼き」の先行受注開始 お食事会や暑気払いにぴったり! 小骨がほとんど気にならない!

  9. NTTデータ、人型ロボで見守り 介護士の負担減 導入の介護施設公開