横浜市、介護人材受け入れでベトナム3都市・5学校と覚書

 横浜市はこのほど、海外からの介護人材受け入れを推進するため、ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市、北中部地方トゥアティエン・フエ省の3省・市および大学・職業訓練校5校との間で介護分野における覚書(MOU)を締結した。

 覚書を締結した大学・職業訓練校は、◇ホーチミン市:バックコアナムサイゴン短期大学、レティリエン職業訓練校、◇トゥアティエン・フエ省:フエ医科短期大学、フエ医科薬科大学、◇ダナン市:ドンアー大学の5校。

 横浜市では、要介護認定者数の増加に伴い介護需要が増大する一方で介護人材の不足が大きな課題となっており、2025年には市内で約8500人の介護人材不足が見込まれている。こうした中、同市は「第7期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」に基づき、新たな介護人材の確保と将来の介護人材の養成に取り組んでいる。

サイト:VIET JO
URL:https://www.viet-jo.com/news/nikkei/180801145108.html

関連記事

  1. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  2. 宮城県、フィリップスと連携 IoTで集合住宅介護

  3. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由

  4. 介護AI、報酬上の評価を検討 保険外サービスのインセンティブも 成長戦略素案

  5. 科学的介護に向けたデータ収集、評価者間のブレがなく、生活機能変化を把握できる指標とせよ―全老健

  6. 介護の効果、データで検証

  7. 今を輝く介護従事者インタビュー Vol.2

  8. 2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査

  9. 介護ロボット導入に補助金:愛媛県