横浜市、介護人材受け入れでベトナム3都市・5学校と覚書

 横浜市はこのほど、海外からの介護人材受け入れを推進するため、ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市、北中部地方トゥアティエン・フエ省の3省・市および大学・職業訓練校5校との間で介護分野における覚書(MOU)を締結した。

 覚書を締結した大学・職業訓練校は、◇ホーチミン市:バックコアナムサイゴン短期大学、レティリエン職業訓練校、◇トゥアティエン・フエ省:フエ医科短期大学、フエ医科薬科大学、◇ダナン市:ドンアー大学の5校。

 横浜市では、要介護認定者数の増加に伴い介護需要が増大する一方で介護人材の不足が大きな課題となっており、2025年には市内で約8500人の介護人材不足が見込まれている。こうした中、同市は「第7期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」に基づき、新たな介護人材の確保と将来の介護人材の養成に取り組んでいる。

サイト:VIET JO
URL:https://www.viet-jo.com/news/nikkei/180801145108.html

関連記事

  1. コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

  2. 夫の介護したい妻3割 男性と大差、ロボには期待

  3. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験

  4. 洗髪メニューが変更可能な自動洗髪機「Shampoo Fresher’s」を発売しました。

  5. 介護ロボット・ICT機器を運用する介護士「スマート介護士」資格の創設(社会福祉法人善光会)

  6. ICTとIoT導入で介護の現場が変わる!上越あたご福祉会で記録システム、介護ロボット導入

  7. 56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ

  8. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多

  9. 業界初!料理体験型デイサービス 大好評につき第3号店「NANAIRO COOKING STUDIO 三軒茶屋」2018年7月1日にOPEN!(予定)