住まい × 介護 × 医療展 2018 in 東京

会 期 2018 年7 月10日(火)・11日(水)
時 間 10:00 ~ 17:00(2日間共)
入場料
入場無料・セミナー聴講無料
※セミナーは先着順・予約不要

会 場 東京ビッグサイト東3 ホール(合計8,670 平米)
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 [Map]
出展予定
社数・小間数 160 社・210 小間
来場予定者数 延べ1万9,000 名
同時開催 介護・医療セミナー50 講座/介護研修会/
介護現場事例発表会「ケアワンコンテスト」/
「住まい×介護×医療展」 応援隊フェスタ
主 催 株式会社高齢者住宅新聞社
協 賛 湖山医療福祉グループ
後 援 全国老人福祉施設協議会/ 全国介護付きホーム協会/
全国訪問看護事業協会/ 日本認知症グループホーム協会/
日本作業療法士協会/ 日本在宅ケアアライアンス/
全国ノーリフティング推進協会/ セルフキャリアデザイン協会/
全国個室ユニット型施設推進協議会/ 全国在宅医療医歯薬連合会/
訪問看護エデュケーションパーラー

 

高齢者住宅新聞社は、これまで開催してきた「高齢者住宅フェア」をリニューアルし、「住まい×介護×医療展2018in東京」として今年7月10日(火)・11日(水)、東京ビッグサイトにて開催致します。

 「住まい×介護×医療展」では、介護・医療に携わる人たちの総合展示会イベントとして、従来の「高齢者住宅フェア」をはじめ在宅医療や認知症、栄養、予防などをキーワードに、来場者にわかりやすい展示を実施します。介護経営者はもちろん、介護職、看護職、薬剤師、管理栄養士、PT・OT、福祉用具専門相談員、福祉専門学校生らが集う場となります。

◆介護・医療に携わる人の展示会です。特に、弊紙読者層である、介護・医療に関する経営者・管理者層が多数来場します。

◆専門紙が主催という強みを活かし、介護・医療分野で積極的に展開している事業者へアプローチしていきます。

◆豊富なセミナーが好評で、今年も50 講座以上を開催予定。展示ブース各社による業界最新動向・商品・サービスについて、情報収集が可能です。

<福祉専門学校生をサポート>

 過去の「高齢者住宅フェア」では、1校あたり30名程度の福祉専門学校の学生が来場し、授業の一環としてイベントを活用してもらっています。これから介護業界の門をたたく学生に対して、業界に対するネガティブなイメージを払拭していただくために、学生の集客を強化します。成長性が高く、かつ社会性のある仕事として、やりがいのある業界であることを実感できる場としていきます。

サイト:高齢者住宅新聞社
URL:https://www.koureisha-jutaku.com/exhibition-2018/

関連記事

  1. 科学的介護に向けたデータ収集、評価者間のブレがなく、生活機能変化を把握できる指標とせよ―全老健

  2. 日本最大級のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC(スポルテック)2018」~Curaria アームリリース編~

  3. カナミックN Research Memo(3):地域の医療・介護従事者の仕事を支えるプラットフォームをクラウドで提供

  4. 歩行分析から認知症の予防や未病につなげる仕組みを開発

  5. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由

  6. 閣議決定 社会保障費抑制の布石に

  7. 介護ロボット・ICT機器を運用する介護士「スマート介護士」資格の創設(社会福祉法人善光会)

  8. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  9. ICTとIoT導入で介護の現場が変わる!上越あたご福祉会で記録システム、介護ロボット導入