政府、外国人介護士に新枠設定 来日拡大へ人数制限緩和

政府は19日、経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士を目指してインドネシアなど3カ国から来日する人材の受け入れに関し、高い日本語能力がある人材を対象とした新たな枠を設ける方向で調整に入った。人数制限を一部緩和し実質的に拡大する。深刻な人手不足を背景に外国人労働者を呼び込む政策の一環。

 現在は1カ国当たり毎年300人が上限。過去の実績では日本語能力が高い人材は年数人程度にとどまるが、新枠設定により受け入れの上積みを図る考えだ。

 介護は団塊世代の全員が75歳以上になりサービスの需要が高まる2025年には約34万人の担い手が不足する見通し。

サイト:Web東奥
URL:https://www.toonippo.co.jp/articles/-/72165

関連記事

  1. 介護福祉士8万円賃上げ、老施協が対象職種の拡大を主張 事業者の裁量権を要求

  2. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多

  3. 技術革新でヘルスケア分野を変革!進む デジタル×医療・介護

  4. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  5. カナミックN Research Memo(3):地域の医療・介護従事者の仕事を支えるプラットフォームをクラウドで提供

  6. 外部リハ職との連携、スマホ動画の共有でOK 訪問介護などの加算 ICTで効率化

  7. 怠け者の夢、家事ロボットを実現するかもしれない研究

  8. <イベント開催レポート>未来をつくるkaigoカフェと共催/ウェルクスのWEBマガジン 介護ロボットONLINE

  9. 今を輝く介護従事者インタビュー Vol.1