政府、外国人介護士に新枠設定 来日拡大へ人数制限緩和

政府は19日、経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士を目指してインドネシアなど3カ国から来日する人材の受け入れに関し、高い日本語能力がある人材を対象とした新たな枠を設ける方向で調整に入った。人数制限を一部緩和し実質的に拡大する。深刻な人手不足を背景に外国人労働者を呼び込む政策の一環。

 現在は1カ国当たり毎年300人が上限。過去の実績では日本語能力が高い人材は年数人程度にとどまるが、新枠設定により受け入れの上積みを図る考えだ。

 介護は団塊世代の全員が75歳以上になりサービスの需要が高まる2025年には約34万人の担い手が不足する見通し。

サイト:Web東奥
URL:https://www.toonippo.co.jp/articles/-/72165

関連記事

  1. 来年から介護保険始まる台湾 日本のシステム学びに視察

  2. NTTデータ、人型ロボで見守り 介護士の負担減 導入の介護施設公開

  3. 介護の効果、データで検証

  4. 介護施設マッチングサービス「KURASERU」、TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトルで富士通賞を獲得!

  5. 56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ

  6. 人にしか出来ない技術

  7. 介護人材不足 採用難でベッド休眠

  8. Z-Works、野村ホールディングス株式会社との資本提携を決定

  9. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多