政府、外国人介護士に新枠設定 来日拡大へ人数制限緩和

政府は19日、経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士を目指してインドネシアなど3カ国から来日する人材の受け入れに関し、高い日本語能力がある人材を対象とした新たな枠を設ける方向で調整に入った。人数制限を一部緩和し実質的に拡大する。深刻な人手不足を背景に外国人労働者を呼び込む政策の一環。

 現在は1カ国当たり毎年300人が上限。過去の実績では日本語能力が高い人材は年数人程度にとどまるが、新枠設定により受け入れの上積みを図る考えだ。

 介護は団塊世代の全員が75歳以上になりサービスの需要が高まる2025年には約34万人の担い手が不足する見通し。

サイト:Web東奥
URL:https://www.toonippo.co.jp/articles/-/72165

関連記事

  1. 業界初!料理体験型デイサービス 大好評につき第3号店「NANAIRO COOKING STUDIO 三軒茶屋」2018年7月1日にOPEN!(予定)

  2. 神戸発・見守り介護ロボ 夜間巡回で徘徊者を検知

  3. 今を輝く介護従事者インタビュー Vol.2

  4. ロボットが支える高齢者の日常 藤田保健衛生大 研究施設で記者が体験

  5. 眠りSCAN | パラマウントベッド

  6. 中国人エリートが”日本の介護”を羨むワケ

  7. ICT導入に助成金 介護人材不足軽減へ /静岡

  8. 帰省の機会に「地域包括支援センター」で情報収集を

  9. 近くて便利! 医療・介護施設内に資格学校 業界初の研修モデル、全国100ヵ所超に