「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減!NTTデータが 介護施設向け見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始

国立社会保障・人口問題研究所によると、日本の高齢化率は2025年に30%を超え、また、厚生労働省調べでは、福祉・介護人材は約38万人が不足するとされている。

この課題解決に向けて、株式会社NTTデータでは、コミュニケーションロボットを活用した介護支援サービスの検討や実証実験を行っており、これまでに行った検討を踏まえ、同社は2018年6月14日よりコミュニケーションロボットと高齢者向け見守り機能を組み合わせた、介護施設向け見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始した。

同サービスは、高齢者のベッドサイドに設置したセンサーとロボットが連動し、高齢者の状態検知、介護スタッフへの通知、ロボットからの声掛けを行うことができるというもの。これにより、介護スタッフの負担軽減および質の高い介護サービスの提供が可能になった。

また、見守り機能に加えてコミュニケーション機能も兼ね備え、ロボットとの会話によって、高齢者のコミュニケーションを促進させることもできる。

「エルミーゴ」の特長
同サービスは、介護現場における利用シーンに応じて高齢者の見守りと、コミュニケーション支援を行うことができる。

サービスイメージ(※クリックで拡大)

見守り
•2つのセンサーによる状態検知
高齢者のベッドサイドに設置したセンサーにより、「覚醒・起き上がり・離床」などの状態を検知しスマートフォンに通知することができる。

•スマートフォンからシルエット画像を確認
起き上がり、離床などの検知は、介護スタッフが持っているスマートフォンに通知される。また、スマートフォン上で、ベッド上の様子をシルエット画像によりプライバシーに配慮しながら確認することができ、介護スタッフはケアの優先順位や駆け付け判断を離れた場所から行うことが可能。

•ロボットによる声掛け
介護スタッフは、スマートフォンのボタン一つで、ロボットから声を掛けることができる。転倒リスクのある高齢者に、ロボットが優しく「どうしましたか?スタッフの人が来るから待ってくださいね」など、離れた場所にいる介護スタッフに代わって声を掛けることで、転倒を未然に防止することが可能となる。

•コミュニケーション
ロボットとの会話を楽しむことが可能なコミュニケーション機能を兼ね備えており、「水分補給をしましょう」、「リハビリしましたか?」など活動を促すこともできる。

サイト:ロボスタ
URL:https://robotstart.info/2018/06/15/nttdata-robot-iot.html

関連記事

  1. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験

  2. 複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を

  3. 慣れ親しんだテクノロジーで支援をするには

  4. 自立支援に向けたIoT機能訓練サービス |モフトレ|三菱総合研究所/Moff/早稲田エルダリーヘルス

  5. レクリエーション介護士資格を手掛けるBCC株式会社 「第1回CareTEX福岡2018」出展 介護レクリエーション専門情報誌『介護レク広場.book』を展示

  6. 2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査

  7. 日本最大級のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC(スポルテック)2018」~NEC歩行姿勢測定システム編~

  8. 2018年度医療・介護報酬ダブル改定後の介護経営の在り方とは。介護事業者300名が集結、介護人材34万人不足やICT対策など課題を議論

  9. 介護サービス業で働く人の「職場満足度」は? 上司や職場の雰囲気がポイント