人にしか出来ない技術

人の手でやるからこそ効果があるリフレクソロジー

介護職にしか出来ない仕事、人の手でしか提供出来ないサービス。

その中の一つになるであろうリフレクソロジーに興味を持ち、今回私は、英国式のリフレクソロジーのセミナーにお邪魔してきました!

リフレクソロジーとは、リフレックス(Reflex)=反射と、学問(Ology)を組み合わせたもので、反射学と呼ばれています。

 「体の末端には(足裏、手のひら、顔など)には全身の臓器や器官が映し出されており、その反射区を独特な指使いで刺激することで血流を促し、深い癒しと共に自然治癒力や自己免疫を向上させる健康法」がリフレクソロジーであり、体の末端にある、末梢神経が密集している部分を指で優しく刺激していくことで、体と心に深いリラックスをもたらせるというものです。

 このリフレクソロジーは、英国では、「医療現場での補完セラピー」として位置づけられていて、リフレクソロジストと呼ばれる専門の方が医療現場に常駐し役立てられており、がん患者を対象に痛みへの緩和ケアとしても導入されているそうです。

 日本ではまだまだ遅れているそうですが、医療現場では比較的知られており、様々な研究が進んでいるとのことです。

 その研究の一つに、認知症とリフレクソロジーという視点からの研究が行われています。

 リフレクソロジーの施術により脳にどのように刺激があるのか、また、その刺激が認知症の方にどのような影響を与えるのかというものです。

 介護の現場へ本格的な導入が始まろうとしています。

 

 

 このリフレクソロジー、単に、指で揉む・ほぐす・つぼ押しのように見えますが、実はキャタピラーウォークという指使いをマスターしないといけず(これがまた難しい。)、細かな技術が盛り込まれています。

 このキャタピラーウォークという技術により、高齢者など強い刺激に弱い方に対して無理なく施術が出来ることになります。

 場所や施術を受ける人の体勢にかまわず、いつでもどこでも行うことができ、深いリラックスを提供することが出来るリフレクソロジー。

 REFLE〔リフレ〕というお店で気体験出来るので、癒やされたい方は是非!

関連記事

  1. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験

  2. 介護福祉士8万円賃上げ、老施協が対象職種の拡大を主張 事業者の裁量権を要求

  3. 介護を「単純労働」と呼ぶ違和感――ある介護事業所に見る介護職の高度な対応力

  4. 今を輝く介護従事者インタビュー Vol.2

  5. 神戸発・見守り介護ロボ 夜間巡回で徘徊者を検知

  6. [介護のいろは](7)福祉用具 どう選ぶ?

  7. 排泄支援ロボット多様に 「できるだけ自分で」を手助け

  8. 介護の外国人受け入れ拡大、環境整備の施策拡充へ 予算の大幅増を要求 厚労省

  9. プラス、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で「吉野家のやさしいごはん(R) うなぎの蒲焼き」の先行受注開始 お食事会や暑気払いにぴったり! 小骨がほとんど気にならない!