来年から介護保険始まる台湾 日本のシステム学びに視察

日本のケアシステムに学ぼうーー。台湾の医療、宗教などの関係者17人が8日、東京都多摩市にあるNPO「永山福祉亭」(寺田美恵子理事長)を視察した。  訪れたのは台湾・彰化市などで8病院を運営する秀傳医療グループの黄明和会長ほか、仏教の中台禅寺の僧侶、建築士ら。秀傳医療と中台禅寺は高齢者施設を運営し、協力もしている。5日から10日まで2班に分かれ、首都圏や大阪府守口市の特別養護老人ホーム、老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅などを回った。  台湾では来年、日本の介護保険法に当たる「長期介護サービス法」が始まる予定。ケア施設は増えてきたが、一行を引率した秀傳紀念医院(彰化市)の許恵美副院長は「高齢者が自由に集まる福祉空間はほとんどない。郊外にこれから作っていきたい」とし、介護施設以外に今回初めて日本のコミュニティーカフェ兼食堂を見学したという。

サイト:福祉新聞
URL:http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/19775

関連記事

  1. ICTとIoT導入で介護の現場が変わる!上越あたご福祉会で記録システム、介護ロボット導入

  2. 人々を幸せにするためのコミュニケーションロボット

  3. 「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減!NTTデータが 介護施設向け見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始

  4. 科学的介護に向けたデータ収集、評価者間のブレがなく、生活機能変化を把握できる指標とせよ―全老健

  5. 介護の人手不足、9割弱が「採用困難」理由 事業所調査

  6. 要介護認定長期化 調査員不足 対応に遅れ 現場「適切サービスできない」

  7. 2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査

  8. NTTデータ、人型ロボで見守り 介護士の負担減 導入の介護施設公開

  9. 介護人材不足 採用難でベッド休眠