来年から介護保険始まる台湾 日本のシステム学びに視察

日本のケアシステムに学ぼうーー。台湾の医療、宗教などの関係者17人が8日、東京都多摩市にあるNPO「永山福祉亭」(寺田美恵子理事長)を視察した。  訪れたのは台湾・彰化市などで8病院を運営する秀傳医療グループの黄明和会長ほか、仏教の中台禅寺の僧侶、建築士ら。秀傳医療と中台禅寺は高齢者施設を運営し、協力もしている。5日から10日まで2班に分かれ、首都圏や大阪府守口市の特別養護老人ホーム、老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅などを回った。  台湾では来年、日本の介護保険法に当たる「長期介護サービス法」が始まる予定。ケア施設は増えてきたが、一行を引率した秀傳紀念医院(彰化市)の許恵美副院長は「高齢者が自由に集まる福祉空間はほとんどない。郊外にこれから作っていきたい」とし、介護施設以外に今回初めて日本のコミュニティーカフェ兼食堂を見学したという。

サイト:福祉新聞
URL:http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/19775

関連記事

  1. 近くて便利! 医療・介護施設内に資格学校 業界初の研修モデル、全国100ヵ所超に

  2. 第8回 介護甲子園 セミファイナル 開催!各事業所が取り組みを発表、投票により日本一が決定!

  3. 宮城県、フィリップスと連携 IoTで集合住宅介護

  4. 外部リハ職との連携、スマホ動画の共有でOK 訪問介護などの加算 ICTで効率化

  5. 最期まで幸せであるためのケアとは何か?(後編) 真田弘美先生(東京大学 老年看護学・創傷看護学)

  6. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  7. 帰省の機会に「地域包括支援センター」で情報収集を

  8. プラス、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で「吉野家のやさしいごはん(R) うなぎの蒲焼き」の先行受注開始 お食事会や暑気払いにぴったり! 小骨がほとんど気にならない!

  9. 56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ