来年から介護保険始まる台湾 日本のシステム学びに視察

日本のケアシステムに学ぼうーー。台湾の医療、宗教などの関係者17人が8日、東京都多摩市にあるNPO「永山福祉亭」(寺田美恵子理事長)を視察した。  訪れたのは台湾・彰化市などで8病院を運営する秀傳医療グループの黄明和会長ほか、仏教の中台禅寺の僧侶、建築士ら。秀傳医療と中台禅寺は高齢者施設を運営し、協力もしている。5日から10日まで2班に分かれ、首都圏や大阪府守口市の特別養護老人ホーム、老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅などを回った。  台湾では来年、日本の介護保険法に当たる「長期介護サービス法」が始まる予定。ケア施設は増えてきたが、一行を引率した秀傳紀念医院(彰化市)の許恵美副院長は「高齢者が自由に集まる福祉空間はほとんどない。郊外にこれから作っていきたい」とし、介護施設以外に今回初めて日本のコミュニティーカフェ兼食堂を見学したという。

サイト:福祉新聞
URL:http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/19775

関連記事

  1. AIで作成した介護計画を検証 厚労省、初の全国調査

  2. 夫の介護したい妻3割 男性と大差、ロボには期待

  3. 介護福祉士8万円賃上げ、老施協が対象職種の拡大を主張 事業者の裁量権を要求

  4. コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

  5. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  6. [介護のいろは](7)福祉用具 どう選ぶ?

  7. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験

  8. 介護AI、報酬上の評価を検討 保険外サービスのインセンティブも 成長戦略素案

  9. 見守り機器やタブレット端末の導入、8割近い特養で高評価―WAM