来年から介護保険始まる台湾 日本のシステム学びに視察

日本のケアシステムに学ぼうーー。台湾の医療、宗教などの関係者17人が8日、東京都多摩市にあるNPO「永山福祉亭」(寺田美恵子理事長)を視察した。  訪れたのは台湾・彰化市などで8病院を運営する秀傳医療グループの黄明和会長ほか、仏教の中台禅寺の僧侶、建築士ら。秀傳医療と中台禅寺は高齢者施設を運営し、協力もしている。5日から10日まで2班に分かれ、首都圏や大阪府守口市の特別養護老人ホーム、老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅などを回った。  台湾では来年、日本の介護保険法に当たる「長期介護サービス法」が始まる予定。ケア施設は増えてきたが、一行を引率した秀傳紀念医院(彰化市)の許恵美副院長は「高齢者が自由に集まる福祉空間はほとんどない。郊外にこれから作っていきたい」とし、介護施設以外に今回初めて日本のコミュニティーカフェ兼食堂を見学したという。

サイト:福祉新聞
URL:http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/19775

関連記事

  1. 介護ロボット・ICT機器を運用する介護士「スマート介護士」資格の創設(社会福祉法人善光会)

  2. AI介護で達人ケア

  3. 神戸発・見守り介護ロボ 夜間巡回で徘徊者を検知

  4. 住まい × 介護 × 医療展 2018 in 東京

  5. 宮城県、フィリップスと連携 IoTで集合住宅介護

  6. 閣議決定 社会保障費抑制の布石に

  7. 外国人の介護福祉士育成 北海道の自治体や施設が協議会

  8. 業界初!料理体験型デイサービス 大好評につき第3号店「NANAIRO COOKING STUDIO 三軒茶屋」2018年7月1日にOPEN!(予定)

  9. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由