NTTデータ、人型ロボで見守り 介護士の負担減 導入の介護施設公開

NTTデータが介護ロボットにきましたね。見守りセンサーとコミュニケーションロボットを組み合わせたシステムの取り組み。会話のところがまだまだ使えるレベルではないため、コミュニケーションロボットを組み合わせる必要性が低いだろうな。とはいえ、形があると安心感を利用者さんに与えるため、違和感を感じさせない体験を作れれば可能性大だなと。


NTTデータはヒト型ロボットとセンサーを組み合わせた高齢者介護施設向けの見守りサービス「エルミーゴ」を導入した特別養護老人ホーム「フローラ田無」(東京都西東京市)を報道陣に公開した。

入居者の動きを検知する赤外線センサー
エルミーゴはロボット開発ベンチャー、ヴイストン(大阪市)が開発したロボットの「ソータ」や、介護用ベッドの下に設置するセンサー、天井近くに設置する赤外線センサーで構成する。ベッド下のセンサーが呼吸や心拍数をもとに施設入居者の覚醒を検知。

見守りサービスのロボットと会話する施設入居者
赤外線センサーでベッド周辺をとらえ、入居者がベッドから起き上がると、ロボットや介護士のスマートフォンのアプリにクラウド経由で通知する。ロボットは介護士が来るまで待つように入居者に呼びかけ、介護スタッフが現場に向かう時間を稼ぐ仕組みだ。

サイト:日本経済新聞
URL:https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35174400Q8A910C1X20000?s=0

関連記事

  1. GPS と インターネット でより安心の介護を目指す。|WillGPS|

  2. 介護の効果、データで検証

  3. 歩行分析から認知症の予防や未病につなげる仕組みを開発

  4. 介護職員数 地域で格差 25年度充足率 福島・千葉最低74%

  5. 2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査

  6. 現場の負担軽減へ 学生が作業支援ロボット体験 徳山大 /山口

  7. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  8. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多

  9. 排泄支援ロボット多様に 「できるだけ自分で」を手助け