NTTデータ、人型ロボで見守り 介護士の負担減 導入の介護施設公開

NTTデータが介護ロボットにきましたね。見守りセンサーとコミュニケーションロボットを組み合わせたシステムの取り組み。会話のところがまだまだ使えるレベルではないため、コミュニケーションロボットを組み合わせる必要性が低いだろうな。とはいえ、形があると安心感を利用者さんに与えるため、違和感を感じさせない体験を作れれば可能性大だなと。


NTTデータはヒト型ロボットとセンサーを組み合わせた高齢者介護施設向けの見守りサービス「エルミーゴ」を導入した特別養護老人ホーム「フローラ田無」(東京都西東京市)を報道陣に公開した。

入居者の動きを検知する赤外線センサー
エルミーゴはロボット開発ベンチャー、ヴイストン(大阪市)が開発したロボットの「ソータ」や、介護用ベッドの下に設置するセンサー、天井近くに設置する赤外線センサーで構成する。ベッド下のセンサーが呼吸や心拍数をもとに施設入居者の覚醒を検知。

見守りサービスのロボットと会話する施設入居者
赤外線センサーでベッド周辺をとらえ、入居者がベッドから起き上がると、ロボットや介護士のスマートフォンのアプリにクラウド経由で通知する。ロボットは介護士が来るまで待つように入居者に呼びかけ、介護スタッフが現場に向かう時間を稼ぐ仕組みだ。

サイト:日本経済新聞
URL:https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35174400Q8A910C1X20000?s=0

関連記事

  1. 歩行分析から認知症の予防や未病につなげる仕組みを開発

  2. 業界初!料理体験型デイサービス 大好評につき第3号店「NANAIRO COOKING STUDIO 三軒茶屋」2018年7月1日にOPEN!(予定)

  3. 介護人材不足 採用難でベッド休眠

  4. 56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ

  5. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験

  6. コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

  7. 科学的介護に向けたデータ収集、評価者間のブレがなく、生活機能変化を把握できる指標とせよ―全老健

  8. ロボットが支える高齢者の日常 藤田保健衛生大 研究施設で記者が体験

  9. シンガポール、その知られざる介護保険制度の“充実度”