NTTデータ、人型ロボで見守り 介護士の負担減 導入の介護施設公開

NTTデータが介護ロボットにきましたね。見守りセンサーとコミュニケーションロボットを組み合わせたシステムの取り組み。会話のところがまだまだ使えるレベルではないため、コミュニケーションロボットを組み合わせる必要性が低いだろうな。とはいえ、形があると安心感を利用者さんに与えるため、違和感を感じさせない体験を作れれば可能性大だなと。


NTTデータはヒト型ロボットとセンサーを組み合わせた高齢者介護施設向けの見守りサービス「エルミーゴ」を導入した特別養護老人ホーム「フローラ田無」(東京都西東京市)を報道陣に公開した。

入居者の動きを検知する赤外線センサー
エルミーゴはロボット開発ベンチャー、ヴイストン(大阪市)が開発したロボットの「ソータ」や、介護用ベッドの下に設置するセンサー、天井近くに設置する赤外線センサーで構成する。ベッド下のセンサーが呼吸や心拍数をもとに施設入居者の覚醒を検知。

見守りサービスのロボットと会話する施設入居者
赤外線センサーでベッド周辺をとらえ、入居者がベッドから起き上がると、ロボットや介護士のスマートフォンのアプリにクラウド経由で通知する。ロボットは介護士が来るまで待つように入居者に呼びかけ、介護スタッフが現場に向かう時間を稼ぐ仕組みだ。

サイト:日本経済新聞
URL:https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35174400Q8A910C1X20000?s=0

関連記事

  1. 介護ロボット・ICT機器を運用する介護士「スマート介護士」資格の創設(社会福祉法人善光会)

  2. 介護施設マッチングサービス「KURASERU」、TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトルで富士通賞を獲得!

  3. ロボットが支える高齢者の日常 藤田保健衛生大 研究施設で記者が体験

  4. 認知症とかかわる 表情読み合い、予防に有効

  5. 夫の介護したい妻3割 男性と大差、ロボには期待

  6. 複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を

  7. 介護AI、報酬上の評価を検討 保険外サービスのインセンティブも 成長戦略素案

  8. 県、介護人材確保急ぐ 施設6割「職員不足」

  9. シンガポール、その知られざる介護保険制度の“充実度”