眠りSCAN | パラマウントベッド

マットレスの下に薄い板型のセンサを敷くことで、体動(寝返り、呼吸、心拍)などを測定し、睡眠状態を把握できる見守りシステムです。

施設の何が変わるのか?

スタッフ

居室での「睡眠・覚醒・起き上がり・離床」が分かるので、スタッフの少ない夜間も入居者の状況に合わせた介護・見守りが可能です。

入居者様

目が覚めているときに介護をすることで、介護の優先順位づけ、入居者の安全・安心、満足度の向上につながります。

施設経営

スタッフの労働環境の改善になります。居室での状況が見える化されることで、行動の変化が予測できるようになりスタッフの精神的負担を減らすことが見込めます。また、無駄な訪室回数を減らすことができ、効率的な業務がおこなえます。

動画で見る「眠りSACN」

施設での効果事例

導入施設

  • 埼玉県川口市にある特別養護老人ホーム「道合さくらの杜」では、2015年4月の開設時からパラマウントベッドの見守り支援システム「眠りSCAN」を全床に導入して個別ケアと自立支援の実現に役立てています。
  • 「道合さくらの杜」は、140床の特別養護老人ホームです。全室個室でユニットケアを行い、入居者一人ひとりの個性と生活リズムを尊重した個別ケアを提供して、自立支援ケアに積極的に取り組んでいます。

Before

  • 10部屋を1ユニットとし、夜勤は1人のスタッフにつき2ユニット、計20人の入居者をケアしています。夜8時から翌朝7時まで1人で対応するので、スタッフの肉体的・精神的な負担は大きい
  • 夜間は2時間ごとに巡視を行って、睡眠中の各入居者の呼吸の状態も確認しています。経験のあるスタッフは寝ている方の口元に耳を近づけて息づかいを確かめたりするのですが、呼吸の浅い方もいて確認が難しいこともあります。
  • 人力で睡眠日誌・呼吸数の測定・記録は、現実的ではなく難しい

After

  • 眠りSCANは、ベッドのマットレスの下に敷くだけで、体動などの微弱な振動を捉えて、睡眠、覚醒、呼吸数のほか、起き上がり、離床などの入った情報はスタッフルームのパソコンのモニターや携帯端末にリアルタイムで表示され、スタッフは入居者それぞれの状態を把握することができます
  • 眠りSCANによって呼吸状態がわかるので、見守るスタッフの負担はずいぶん軽減されました。経験の浅い若いスタッフも、眠りSCANのサポートがあるおかげで、1人夜勤でも安心感があるようです。
  • 眠りSCANでは各入居者の睡眠日誌を作成できます。睡眠は青、覚醒は黄色で表示され、一目で熟睡タイプか頻繁に覚醒するタイプかわかります。例えば、眠りが浅く頻繁に目覚めたり、トイレに起きる回数が多い人は、睡眠時の覚醒パターンを見て、覚醒してくるタイミングでトイレに誘導しています。こうするとベッドに戻った後、再入眠しやすくなり、睡眠の改善に役立っています
  • 眠りSCANは呼吸数も測定・記録できるので、その推移を日誌として一覧すると、体調変化を素早く確認できます。平常時よりも呼吸が速くなっているような場合は、肺炎や発熱などを疑います。実際に、呼吸数の変調に気付いて医師の診察を受け、カゼから生じる肺炎をいち早く発見することができた例もあります。

 

引用:パラマウントベッドHP

http://www.paramount.co.jp/learn/reductionworkburden/nemuriscan

http://www.paramount.co.jp/learn/reductionworkburden/nemuriscan/delivery

関連記事

  1. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  2. 介護AI、報酬上の評価を検討 保険外サービスのインセンティブも 成長戦略素案

  3. 最期まで幸せであるためのケアとは何か?(後編) 真田弘美先生(東京大学 老年看護学・創傷看護学)

  4. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由

  5. 入所者の徘徊防止へ 中部電力が介護施設で実証開始 位置把握に電柱も活用

  6. Googleマイビジネス編集方法

  7. 「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減!NTTデータが 介護施設向け見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始

  8. 個別機能訓練加算 とは 〜個別機能訓練計画書編〜

  9. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド