厚労省、介護ロボ開発協議会を全国50カ所に設置

厚生労働省は、介護現場のニーズを反映した介護ロボットの開発を検討する協議会を全国規模に拡大する。協議会を2018年度に17年度比約3倍の全国50カ所程度に設置する。各地の協議会と連携して介護現場の課題を分析し、ロボット導入による解決策を検討、19年3月末に取りまとめる。経済産業省の開発事業や企業の効果的な機器開発などに結び付ける。介護人材の不足が深刻化する中、介護ロボットの活用により職員の負担を軽減し、サービスを安定して提供できるようにする。

 

サイト:日刊工業新聞
URL:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00481411?isReadConfirmed=true

関連記事

  1. 認知症とかかわる 表情読み合い、予防に有効

  2. 横浜市、介護人材受け入れでベトナム3都市・5学校と覚書

  3. プラス、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で「吉野家のやさしいごはん(R) うなぎの蒲焼き」の先行受注開始 お食事会や暑気払いにぴったり! 小骨がほとんど気にならない!

  4. 介護の仕事知って テレビ局経験生かし積極的に発信

  5. コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

  6. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由

  7. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  8. 閣議決定 社会保障費抑制の布石に

  9. 介護の人手不足、9割弱が「採用困難」理由 事業所調査