厚労省、介護ロボ開発協議会を全国50カ所に設置

厚生労働省は、介護現場のニーズを反映した介護ロボットの開発を検討する協議会を全国規模に拡大する。協議会を2018年度に17年度比約3倍の全国50カ所程度に設置する。各地の協議会と連携して介護現場の課題を分析し、ロボット導入による解決策を検討、19年3月末に取りまとめる。経済産業省の開発事業や企業の効果的な機器開発などに結び付ける。介護人材の不足が深刻化する中、介護ロボットの活用により職員の負担を軽減し、サービスを安定して提供できるようにする。

 

サイト:日刊工業新聞
URL:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00481411?isReadConfirmed=true

関連記事

  1. 56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ

  2. 宮城県、フィリップスと連携 IoTで集合住宅介護

  3. 横浜市、介護人材受け入れでベトナム3都市・5学校と覚書

  4. ICT導入に助成金 介護人材不足軽減へ /静岡

  5. 複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を

  6. 慣れ親しんだテクノロジーで支援をするには

  7. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  8. 政府、外国人介護士に新枠設定 来日拡大へ人数制限緩和

  9. 2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査