厚労省、介護ロボ開発協議会を全国50カ所に設置

厚生労働省は、介護現場のニーズを反映した介護ロボットの開発を検討する協議会を全国規模に拡大する。協議会を2018年度に17年度比約3倍の全国50カ所程度に設置する。各地の協議会と連携して介護現場の課題を分析し、ロボット導入による解決策を検討、19年3月末に取りまとめる。経済産業省の開発事業や企業の効果的な機器開発などに結び付ける。介護人材の不足が深刻化する中、介護ロボットの活用により職員の負担を軽減し、サービスを安定して提供できるようにする。

 

サイト:日刊工業新聞
URL:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00481411?isReadConfirmed=true

関連記事

  1. 来年から介護保険始まる台湾 日本のシステム学びに視察

  2. 見守り機器やタブレット端末の導入、8割近い特養で高評価―WAM

  3. 56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ

  4. 最期まで幸せであるためのケアとは何か?(後編) 真田弘美先生(東京大学 老年看護学・創傷看護学)

  5. 科学的介護に向けたデータ収集、評価者間のブレがなく、生活機能変化を把握できる指標とせよ―全老健

  6. 住まい × 介護 × 医療展 2018 in 東京

  7. 眠りSCAN | パラマウントベッド

  8. 重度障害者も一人暮らし…「自立生活センター」各地に

  9. 複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を