厚労省、介護ロボ開発協議会を全国50カ所に設置

厚生労働省は、介護現場のニーズを反映した介護ロボットの開発を検討する協議会を全国規模に拡大する。協議会を2018年度に17年度比約3倍の全国50カ所程度に設置する。各地の協議会と連携して介護現場の課題を分析し、ロボット導入による解決策を検討、19年3月末に取りまとめる。経済産業省の開発事業や企業の効果的な機器開発などに結び付ける。介護人材の不足が深刻化する中、介護ロボットの活用により職員の負担を軽減し、サービスを安定して提供できるようにする。

 

サイト:日刊工業新聞
URL:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00481411?isReadConfirmed=true

関連記事

  1. 洗髪メニューが変更可能な自動洗髪機「Shampoo Fresher’s」を発売しました。

  2. 介護施設をスマホで見学できる介護専門ストリートビュー!

  3. 夫の介護したい妻3割 男性と大差、ロボには期待

  4. 眠りSCAN | パラマウントベッド

  5. 今を輝く介護従事者インタビュー Vol.2

  6. 年金、医療、介護…「日本の社会保障制度」って本当に大丈夫なの? 介護費用は2040年に60%も増加

  7. 慣れ親しんだテクノロジーで支援をするには

  8. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由

  9. 介護ロボット導入に補助金:愛媛県