厚労省、介護ロボ開発協議会を全国50カ所に設置

厚生労働省は、介護現場のニーズを反映した介護ロボットの開発を検討する協議会を全国規模に拡大する。協議会を2018年度に17年度比約3倍の全国50カ所程度に設置する。各地の協議会と連携して介護現場の課題を分析し、ロボット導入による解決策を検討、19年3月末に取りまとめる。経済産業省の開発事業や企業の効果的な機器開発などに結び付ける。介護人材の不足が深刻化する中、介護ロボットの活用により職員の負担を軽減し、サービスを安定して提供できるようにする。

 

サイト:日刊工業新聞
URL:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00481411?isReadConfirmed=true

関連記事

  1. 宮城県、フィリップスと連携 IoTで集合住宅介護

  2. 県、介護人材確保急ぐ 施設6割「職員不足」

  3. 介護福祉士8万円賃上げ、老施協が対象職種の拡大を主張 事業者の裁量権を要求

  4. 介護ロボット導入に補助金:愛媛県

  5. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多

  6. なぜ介護ビジネスは中小企業ばかりなのか〜8割超の原価は人件費、施設費〜

  7. 見守り機器やタブレット端末の導入、8割近い特養で高評価―WAM

  8. 介護サービス業で働く人の「職場満足度」は? 上司や職場の雰囲気がポイント

  9. 神戸発・見守り介護ロボ 夜間巡回で徘徊者を検知