2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査

シード・プランニングは国内のコミュニケーションロボットに関する調査を実施し、結果を発表した。調査期間は2017年12月1日~2018年5月10日。対象はロボットメーカーなど関連企業や団体。サービスロボットの中のコミュニケーションロボットに絞り、製品動向や用途動向などの調査を実施した。

同調査におけるコミュニケーションロボットとは、工場などで製品を製造する産業用ロボットではなく、人と会話したり、人の代わりに受付・案内などを行うロボット。同社によれば、このコミュニケーションロボットにあてはまるロボットは現在、国内では58種が販売されている。

用途別の分類では、「受付・案内」が多く、次に「家庭向け」の用途が続く。同調査ではその他、ロボットの形状別の分類もしている。

市場規模予測では、2030年にはすべての価格帯のロボットの台数をあわせて900万台規模で普及すると予測している。同調査の価格帯は、主に受付・接客の用途で平均価格が60万円のものを「高価格帯」、店舗の接客、介護の用途などで平均価格が20万円のものを「普及価格帯」、家庭用での会話用などの用途で平均価格5万円のものを「低価格帯」としている。同社は、2030年には900万台のうち、約半数は低価格帯のロボットが普及し、業務用の高価格帯ロボットも100万台普及すると見込んでいる。

サイト名:ケータイWatch

URL:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1125299.html

 

 

 

関連記事

  1. 介護を「単純労働」と呼ぶ違和感――ある介護事業所に見る介護職の高度な対応力

  2. 複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を

  3. 技術革新でヘルスケア分野を変革!進む デジタル×医療・介護

  4. シンガポール、その知られざる介護保険制度の“充実度”

  5. 最期まで幸せであるためのケアとは何か?(後編) 真田弘美先生(東京大学 老年看護学・創傷看護学)

  6. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  7. 認知症とかかわる 表情読み合い、予防に有効

  8. 眠りSCAN | パラマウントベッド

  9. 介護の外国人受け入れ拡大、環境整備の施策拡充へ 予算の大幅増を要求 厚労省