介護の人手不足、9割弱が「採用困難」理由 事業所調査

 人手不足を感じている介護事業所の9割が採用の困難さを理由に挙げていることが、財団法人「介護労働安定センター」が3日に公表した2017年度の介護労働実態調査で分かった。前年度の7割から大幅に増加。国が介護職員の処遇改善など対策を急ぐ一方で、人手不足は深刻化している状況だ。

調査は昨年10月、1万8千事業所に郵送で実施。8782事業所から回答があった(有効回答率49・8%)。従業員の過不足について「大いに不足」「不足」「やや不足」と答えたのは66・6%(前年度62・6%)。4年連続で不足感が増加している。

 不足理由を複数回答で尋ねたところ、「採用が困難」が88・5%(同73・1%)で最多、次いで「離職率が高い」が18・4%(同15・3%)、「事業拡大によって必要人数が増大」は10・8%(同19・8%)だった。採用が困難な原因を複数回答で尋ねると、「同業他社との人材獲得競争が厳しい」「他産業に比べて、労働条件などが良くない」がそれぞれ半数以上を占めた。

 外国人労働者を「受け入れてい…

関連記事

  1. なぜ介護ビジネスは中小企業ばかりなのか〜8割超の原価は人件費、施設費〜

  2. 外部リハ職との連携、スマホ動画の共有でOK 訪問介護などの加算 ICTで効率化

  3. 夫の介護したい妻3割 男性と大差、ロボには期待

  4. 慣れ親しんだテクノロジーで支援をするには

  5. 介護施設マッチングサービス「KURASERU」、TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトルで富士通賞を獲得!

  6. 入所者の徘徊防止へ 中部電力が介護施設で実証開始 位置把握に電柱も活用

  7. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多

  8. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  9. 介護の外国人受け入れ拡大、環境整備の施策拡充へ 予算の大幅増を要求 厚労省