介護の人手不足、9割弱が「採用困難」理由 事業所調査

 人手不足を感じている介護事業所の9割が採用の困難さを理由に挙げていることが、財団法人「介護労働安定センター」が3日に公表した2017年度の介護労働実態調査で分かった。前年度の7割から大幅に増加。国が介護職員の処遇改善など対策を急ぐ一方で、人手不足は深刻化している状況だ。

調査は昨年10月、1万8千事業所に郵送で実施。8782事業所から回答があった(有効回答率49・8%)。従業員の過不足について「大いに不足」「不足」「やや不足」と答えたのは66・6%(前年度62・6%)。4年連続で不足感が増加している。

 不足理由を複数回答で尋ねたところ、「採用が困難」が88・5%(同73・1%)で最多、次いで「離職率が高い」が18・4%(同15・3%)、「事業拡大によって必要人数が増大」は10・8%(同19・8%)だった。採用が困難な原因を複数回答で尋ねると、「同業他社との人材獲得競争が厳しい」「他産業に比べて、労働条件などが良くない」がそれぞれ半数以上を占めた。

 外国人労働者を「受け入れてい…

関連記事

  1. 56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ

  2. 閣議決定 社会保障費抑制の布石に

  3. 排泄支援ロボット多様に 「できるだけ自分で」を手助け

  4. 宮城県、フィリップスと連携 IoTで集合住宅介護

  5. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  6. 介護の効果、データで検証

  7. AIで作成した介護計画を検証 厚労省、初の全国調査

  8. 人々を幸せにするためのコミュニケーションロボット

  9. 外部リハ職との連携、スマホ動画の共有でOK 訪問介護などの加算 ICTで効率化