介護の人手不足、9割弱が「採用困難」理由 事業所調査

 人手不足を感じている介護事業所の9割が採用の困難さを理由に挙げていることが、財団法人「介護労働安定センター」が3日に公表した2017年度の介護労働実態調査で分かった。前年度の7割から大幅に増加。国が介護職員の処遇改善など対策を急ぐ一方で、人手不足は深刻化している状況だ。

調査は昨年10月、1万8千事業所に郵送で実施。8782事業所から回答があった(有効回答率49・8%)。従業員の過不足について「大いに不足」「不足」「やや不足」と答えたのは66・6%(前年度62・6%)。4年連続で不足感が増加している。

 不足理由を複数回答で尋ねたところ、「採用が困難」が88・5%(同73・1%)で最多、次いで「離職率が高い」が18・4%(同15・3%)、「事業拡大によって必要人数が増大」は10・8%(同19・8%)だった。採用が困難な原因を複数回答で尋ねると、「同業他社との人材獲得競争が厳しい」「他産業に比べて、労働条件などが良くない」がそれぞれ半数以上を占めた。

 外国人労働者を「受け入れてい…

関連記事

  1. 第8回 介護甲子園 セミファイナル 開催!各事業所が取り組みを発表、投票により日本一が決定!

  2. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験

  3. 住まい × 介護 × 医療展 2018 in 東京

  4. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  5. 県、介護人材確保急ぐ 施設6割「職員不足」

  6. 外部リハ職との連携、スマホ動画の共有でOK 訪問介護などの加算 ICTで効率化

  7. 複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を

  8. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  9. AI介護で達人ケア