介護の効果、データで検証

厚生労働省はどのような介護サービスが高齢者の自立に効果があるのか、科学的に検証できる仕組みづくりに乗り出す。全国の施設、事業所から入所者のリハビリや健康に関する情報を集め、2020年度にデータベースの本格運用を開始。高齢者の状態を改善し、介護にかかる費用の抑制にもつなげたい考えだ。

 

高齢者が自立した生活を送れるように、独自の取り組みをしている施設は多い。しかし、どのようなケアやリハビリが効果があるのか明確な裏付けがないため、厚労省は18年度にデータベースの構築を始め、19年度に試行運用を目指す。

 

サイト名:Reuters

URL:https://jp.reuters.com/article/idJP2018060201001727

 

関連記事

  1. AI介護で達人ケア

  2. 重度障害者も一人暮らし…「自立生活センター」各地に

  3. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  4. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多

  5. NTTデータ、人型ロボで見守り 介護士の負担減 導入の介護施設公開

  6. 2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査

  7. 政府、外国人介護士に新枠設定 来日拡大へ人数制限緩和

  8. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由

  9. コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市