介護の効果、データで検証

厚生労働省はどのような介護サービスが高齢者の自立に効果があるのか、科学的に検証できる仕組みづくりに乗り出す。全国の施設、事業所から入所者のリハビリや健康に関する情報を集め、2020年度にデータベースの本格運用を開始。高齢者の状態を改善し、介護にかかる費用の抑制にもつなげたい考えだ。

 

高齢者が自立した生活を送れるように、独自の取り組みをしている施設は多い。しかし、どのようなケアやリハビリが効果があるのか明確な裏付けがないため、厚労省は18年度にデータベースの構築を始め、19年度に試行運用を目指す。

 

サイト名:Reuters

URL:https://jp.reuters.com/article/idJP2018060201001727

 

関連記事

  1. プラス、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で「吉野家のやさしいごはん(R) うなぎの蒲焼き」の先行受注開始 お食事会や暑気払いにぴったり! 小骨がほとんど気にならない!

  2. 怠け者の夢、家事ロボットを実現するかもしれない研究

  3. 介護ロボット・ICT機器を運用する介護士「スマート介護士」資格の創設(社会福祉法人善光会)

  4. なぜ介護ビジネスは中小企業ばかりなのか〜8割超の原価は人件費、施設費〜

  5. 厚労省、介護ロボ開発協議会を全国50カ所に設置

  6. 介護福祉士8万円賃上げ、老施協が対象職種の拡大を主張 事業者の裁量権を要求

  7. 県、介護人材確保急ぐ 施設6割「職員不足」

  8. 現場の負担軽減へ 学生が作業支援ロボット体験 徳山大 /山口

  9. 夫の介護したい妻3割 男性と大差、ロボには期待