介護の効果、データで検証

厚生労働省はどのような介護サービスが高齢者の自立に効果があるのか、科学的に検証できる仕組みづくりに乗り出す。全国の施設、事業所から入所者のリハビリや健康に関する情報を集め、2020年度にデータベースの本格運用を開始。高齢者の状態を改善し、介護にかかる費用の抑制にもつなげたい考えだ。

 

高齢者が自立した生活を送れるように、独自の取り組みをしている施設は多い。しかし、どのようなケアやリハビリが効果があるのか明確な裏付けがないため、厚労省は18年度にデータベースの構築を始め、19年度に試行運用を目指す。

 

サイト名:Reuters

URL:https://jp.reuters.com/article/idJP2018060201001727

 

関連記事

  1. 中国人エリートが”日本の介護”を羨むワケ

  2. 入所者の徘徊防止へ 中部電力が介護施設で実証開始 位置把握に電柱も活用

  3. 来る超高齢化社会! 介護の新しいカタチとして注目の「地域包括ケア」関連製品・サービスが出展

  4. ロボットが支える高齢者の日常 藤田保健衛生大 研究施設で記者が体験

  5. 排泄支援ロボット多様に 「できるだけ自分で」を手助け

  6. 介護施設マッチングサービス「KURASERU」、TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトルで富士通賞を獲得!

  7. 洗髪メニューが変更可能な自動洗髪機「Shampoo Fresher’s」を発売しました。

  8. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  9. カナミックN Research Memo(3):地域の医療・介護従事者の仕事を支えるプラットフォームをクラウドで提供