介護の効果、データで検証

厚生労働省はどのような介護サービスが高齢者の自立に効果があるのか、科学的に検証できる仕組みづくりに乗り出す。全国の施設、事業所から入所者のリハビリや健康に関する情報を集め、2020年度にデータベースの本格運用を開始。高齢者の状態を改善し、介護にかかる費用の抑制にもつなげたい考えだ。

 

高齢者が自立した生活を送れるように、独自の取り組みをしている施設は多い。しかし、どのようなケアやリハビリが効果があるのか明確な裏付けがないため、厚労省は18年度にデータベースの構築を始め、19年度に試行運用を目指す。

 

サイト名:Reuters

URL:https://jp.reuters.com/article/idJP2018060201001727

 

関連記事

  1. 入所者の徘徊防止へ 中部電力が介護施設で実証開始 位置把握に電柱も活用

  2. 人にしか出来ない技術

  3. 県、介護人材確保急ぐ 施設6割「職員不足」

  4. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  5. 介護ロボット導入に補助金:愛媛県

  6. 介護を「単純労働」と呼ぶ違和感――ある介護事業所に見る介護職の高度な対応力

  7. 介護の人手不足、9割弱が「採用困難」理由 事業所調査

  8. 技術革新でヘルスケア分野を変革!進む デジタル×医療・介護

  9. 介護AI、報酬上の評価を検討 保険外サービスのインセンティブも 成長戦略素案