介護の効果、データで検証

厚生労働省はどのような介護サービスが高齢者の自立に効果があるのか、科学的に検証できる仕組みづくりに乗り出す。全国の施設、事業所から入所者のリハビリや健康に関する情報を集め、2020年度にデータベースの本格運用を開始。高齢者の状態を改善し、介護にかかる費用の抑制にもつなげたい考えだ。

 

高齢者が自立した生活を送れるように、独自の取り組みをしている施設は多い。しかし、どのようなケアやリハビリが効果があるのか明確な裏付けがないため、厚労省は18年度にデータベースの構築を始め、19年度に試行運用を目指す。

 

サイト名:Reuters

URL:https://jp.reuters.com/article/idJP2018060201001727

 

関連記事

  1. コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

  2. カナミックN Research Memo(3):地域の医療・介護従事者の仕事を支えるプラットフォームをクラウドで提供

  3. [介護のいろは](7)福祉用具 どう選ぶ?

  4. 「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減!NTTデータが 介護施設向け見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始

  5. 慣れ親しんだテクノロジーで支援をするには

  6. 要介護認定長期化 調査員不足 対応に遅れ 現場「適切サービスできない」

  7. 見守り機器やタブレット端末の導入、8割近い特養で高評価―WAM

  8. 厚労省、介護ロボ開発協議会を全国50カ所に設置

  9. 業界初!料理体験型デイサービス 大好評につき第3号店「NANAIRO COOKING STUDIO 三軒茶屋」2018年7月1日にOPEN!(予定)