介護AI、報酬上の評価を検討 保険外サービスのインセンティブも 成長戦略素案

政府は4日の未来投資会議に、今年度の成長戦略の素案を提示した。「Society 5.0」「データ駆動型社会」への変革 −− 。そんなサブタイトルをつけている。

未来投資会議

次世代のヘルスケアシステムの構築も柱の1つに位置づけた。新しい「健康・医療・介護システム」を2020年から本格稼働させる、という基本方針を引き続き掲げている。

介護の分野では、人工知能(AI)やロボット、センサーの開発・導入を加速させると改めて強調。「効果検証から得られたエビデンスを活用して、次期以降の介護報酬改定で評価する」と明確に打ち出している。

「ICT化の徹底推進」も目玉。「総合的な対応を検討し、来年度にICTの導入を抜本的に進める」と書き込んだ。「居宅介護支援事業所とサービス提供事業所間の情報連携の標準仕様を検討し、本年度中に結論を得る」とも記載した。「文書量の実効的な半減を実現する」との目標は堅持した。これらの詳細は厚生労働省が協議を進めている。

このほか、「健康増進や予防に資する保険外サービスの活用を促進する」との考えも盛り込んだ。その品質評価の仕組みについて、「本年度中に検討に着手する」と説明。「ケアマネジャーがケアプランに保険外サービスを積極的に位置づけやすくするインセンティブの方策を検討する」とも明記した。

 

サイト:JOINT

引用:https://news.joint-kaigo.com/article-7/pg748.html

 

関連記事

  1. 慣れ親しんだテクノロジーで支援をするには

  2. 介護ロボット・ICT機器を運用する介護士「スマート介護士」資格の創設(社会福祉法人善光会)

  3. 介護ロボット導入に補助金:愛媛県

  4. 怠け者の夢、家事ロボットを実現するかもしれない研究

  5. 外部リハ職との連携、スマホ動画の共有でOK 訪問介護などの加算 ICTで効率化

  6. AIで作成した介護計画を検証 厚労省、初の全国調査

  7. 介護職員数 地域で格差 25年度充足率 福島・千葉最低74%

  8. 介護施設をスマホで見学できる介護専門ストリートビュー!

  9. 介護を「単純労働」と呼ぶ違和感――ある介護事業所に見る介護職の高度な対応力