介護サービス業で働く人の「職場満足度」は? 上司や職場の雰囲気がポイント

介護業界で働く人たちの満足度は2016年の前回調査時よりも上がっている。そのポイントとしては「上司が何かあったときに守ってくれる」や「経営層の判断は従業員の信頼を得ている」など人間関係に関するものが理由になっている。やはり、介護の対象である利用者はもちろん、仕事をともに行う同期や上司の社員との関係を良好に築いていくことが重要である。それを行うことによる満足度上昇が今回の結果であった。また、今回の調査結果に出ていたような信頼を得ることも重要であるといえる。

介護サービス業で働く人の満足度は? リクルートキャリアは12月25日、介護サービス業の従事者を対象に実施した調査結果を発表した。職場に「満足している」と回答した人は49.5%と、前回調査時(2016年)から3.9ポイント改善した。

photo
介護サービス業で働く人の満足度は?(=プレスリリースより)
満足度との相関関係が高いポイントの1位には「上司が何かあった時に職員を守ってくれる」(0.470)がランクイン。次いで「上司が職員一人一人の能力や持ち味をしっかりつかんでいる」(0.458)、「職員が楽しそうに仕事をしている」(0.454)、「上司が結果だけではなく職員の努力やプロセスを評価している」(0.443)、「経営層の判断は従業員の信頼を得ている」(0.438)などが挙がり、上司や職場の雰囲気が満足度に影響していることがうかがえた。

勤務先での研修の有無との関係では、「新しい介護技術の研修」と「モチベーション研修」の両方を受講すると、職場に対する満足度が54.8%と最も高くなることも分かった。

サイト名:ITビジネスメディアオンライン
URL:http://www.itmedia.co.jp/business/

関連記事

  1. NTTデータ、人型ロボで見守り 介護士の負担減 導入の介護施設公開

  2. 人にしか出来ない技術

  3. 政府、外国人介護士に新枠設定 来日拡大へ人数制限緩和

  4. 介護の外国人受け入れ拡大、環境整備の施策拡充へ 予算の大幅増を要求 厚労省

  5. 県、介護人材確保急ぐ 施設6割「職員不足」

  6. 科学的介護に向けたデータ収集、評価者間のブレがなく、生活機能変化を把握できる指標とせよ―全老健

  7. 介護の効果、データで検証

  8. 来る超高齢化社会! 介護の新しいカタチとして注目の「地域包括ケア」関連製品・サービスが出展

  9. [介護のいろは](7)福祉用具 どう選ぶ?