帰省の機会に「地域包括支援センター」で情報収集を

帰省した際に高齢期の親御さんに会うときにやっておくべきこととして、その親御さんが暮らす地域の「地域包括支援センター」で情報収集を行うことが大切である。この施設は市区町村の中学校区ごとに設置されていてより身近なところにあるようである。介護に関する不安や相談のために専門の資格を持った社会福祉士や保健師、ケアマネージャーなどが配置されているとのことである。自分の肉親が介護が必要になった際の心配はどの家庭でもあるから、それを少しでも解消していくことがこの「地域包括支援センター」のミッションである。

年末年始に帰省して、親御さんと過ごす人も多いだろう。久しぶりに親御さんに会うと、前回の帰省の時よりも「年をとったな」と感じることがあるだろう。

いまは元気で何とかやっていられるが、この先どんどん年齢を重ねるとどうなるのだろうか…。そんな漠然とした不安に駆られることもあるのではないだろうか。

そこで、帰省の機会にお勧めしたいのは、親御さんが暮らす地域を管轄する「地域包括支援センター」に出向いて、将来に向けた情報収集を行っておくことである。

地域包括支援センターは、高齢期の親御さんが住み慣れた地域で暮らしていくための総合相談機関で、およそ市区町村の中学校区ごとに設置されている。

主任ケアマネージャーや保健師、社会福祉士などの専門の資格を持ったスタッフが配置されており、「介護相談・福祉・医療・健康に関すること」から「介護予防ケアマネジメント・包括的継続的ケアマネジメント支援・権利擁護」など広範囲にわたる相談・支援に対応する。「地域で暮らす高齢者と支える家族の総合相談所」である。

サイト名:zakzak by夕刊フジ

URL:https://www.zakzak.co.jp/eco/news/181228/eco1812280007-n1.html

関連記事

  1. 歩行分析から認知症の予防や未病につなげる仕組みを開発

  2. 2018年度医療・介護報酬ダブル改定後の介護経営の在り方とは。介護事業者300名が集結、介護人材34万人不足やICT対策など課題を議論

  3. 夫の介護したい妻3割 男性と大差、ロボには期待

  4. AIで作成した介護計画を検証 厚労省、初の全国調査

  5. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  6. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由

  7. 閣議決定 社会保障費抑制の布石に

  8. 2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査

  9. 年金、医療、介護…「日本の社会保障制度」って本当に大丈夫なの? 介護費用は2040年に60%も増加