重度障害者も一人暮らし…「自立生活センター」各地に

重度の身体障害者でも施設などに入らずに、自分の家で暮らしたい場合などは、それを支えるための「自立生活センター」を頼ることができるようだ。主に一人暮らしに必要なノウハウの伝授、福祉制度の申請、物件探しに付き添うことなどをしてくれる。それを利用している人の中には、一日のうちに訪問型による介護が必要な時間は多いが、施設で暮らすよりもしっかりと自分だけの時間を持つことができ、楽しみや趣味を充実させることも可能だ。今後の介護制度はより利用者目線に立ったより多様なものに変化していくことが重要である。

 

 重度の身体障害があっても、施設や親元ではなく独立して暮らしたい。そんな願いを支えるのが、全国各地に広がる「自立生活センター」だ。一人暮らしに必要な知識を伝えたり、福祉制度の申請や物件探しに付き添ったりと、様々な場面でサポートしている。(饒波あゆみ)

福祉制度申請や物件探しサポート

 北九州市小倉南区のアパートの一室。「今夜は野菜のスープにしようかな」。ここで生活する脳性まひの熊井恵美子さん(62)が、ヘルパーと夕食の献立を話し合っていた。

 熊井さんは手足が不自由で言語障害もあり、障害支援区分(6段階)は最も重い6。24時間の介護が必要だ。長崎県や福岡県の入所施設で42年間暮らしていたが、2011年から一人暮らしを始めた。

 1日のうち19時間は障害者総合支援法の「重度訪問介護」を利用し、入浴や排せつ、食事などのサポートを受けている。熊井さんは生活保護を受給しており、自己負担はない。夜間の5時間は、生活保護受給者が家族以外から介護を受ける際に加算される「他人介護料」でヘルパー代を賄う。

 施設では1日のスケジュールが決まっていて、やりたいことや食べたいものを好きに決められなかった。個人的に外出する際には届け出が必要で、ヘルパーも自分で見つける必要があった。自由がないと感じていた頃、一人暮らしを始めた同じ施設の友人が、北九州市の自立生活センター「エコー」の代表、児玉良介さん(48)を紹介してくれた。

 エコーは、地域で生活する障害者を支える民間団体。障害のある当事者が中心の組織で、児玉さんも19歳の時に首を骨折し、車いすで暮らしている。

 熊井さんはエコーの自立生活プログラム(全10回)を受講。利用できる福祉制度、ヘルパーとの関係作りのコツ、家計簿のつけ方、ヘルパーに指示して食事を作る方法などを学んだ。車いすでバスや電車などを利用する経験も積んだ。

 2年ほどの準備期間には、つらい思いもした。住居探しの際に、不動産業者や大家から「車いすの人が生活できる物件はない」と門前払いされた。火の不始末や事故を心配して断られたこともあったが、幸い、理解ある業者と契約できた。

 今は海や映画、居酒屋に行けるようになり、おかずを分けてくれる近所の知り合いもできた。「今が青春。強い意志があれば、施設を出て自立できる。次の夢は結婚すること」とはにかむ。

 エコーではこれまで3人の自立を支援した。児玉さんは「重度の障害があっても、自由に外出し、地域で自分らしく生きたいと願うのは当然の欲求。本人の思いとセンターの支援があれば実現できる」と話す。

サイト名:YOMIURI ONLINE

URL:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181225-OYTET50085/

関連記事

  1. 年金、医療、介護…「日本の社会保障制度」って本当に大丈夫なの? 介護費用は2040年に60%も増加

  2. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  3. 介護人材不足 採用難でベッド休眠

  4. なぜ介護ビジネスは中小企業ばかりなのか〜8割超の原価は人件費、施設費〜

  5. ロボットが支える高齢者の日常 藤田保健衛生大 研究施設で記者が体験

  6. 見守り機器やタブレット端末の導入、8割近い特養で高評価―WAM

  7. 政府、外国人介護士に新枠設定 来日拡大へ人数制限緩和

  8. ICT導入に助成金 介護人材不足軽減へ /静岡

  9. 夫の介護したい妻3割 男性と大差、ロボには期待