科学的介護に向けたデータ収集、評価者間のブレがなく、生活機能変化を把握できる指標とせよ―全老健

エビデンスに基づいた介護サービス(いわゆる科学的介護)の確立を目指し、2020年度からの介入・状態等に関するデータベース(CHASE、Care, Health Status & Events)本格稼働が目指されている。データ収集の際の評価指標については、「利用者の生活機能変化を把握する」「曖昧な基準を避ける」ために、例えば「ICFに基づいた介護現場における適切な評価指標」などを採用してはどうか―。

全国老人保健施設協会(全老健)は8月29日に、こういった内容の要望「『介護分野における今後のエビデンスの構築に向けて収集すべき情報』について」を厚生労働省老健局の大島一博局長と、厚労省「科学的裏付けに基づく介護に係る検討会」の鳥羽研二座長(国立長寿医療研究センター理事長)に宛てて提出しました(全老健のサイトはこちら)。

サイト:メディ・ウォッチ
URL:https://www.medwatch.jp/?p=22216

関連記事

  1. ICTとIoT導入で介護の現場が変わる!上越あたご福祉会で記録システム、介護ロボット導入

  2. 要介護認定長期化 調査員不足 対応に遅れ 現場「適切サービスできない」

  3. 慣れ親しんだテクノロジーで支援をするには

  4. 「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減!NTTデータが 介護施設向け見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始

  5. 認知症とかかわる 表情読み合い、予防に有効

  6. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  7. 怠け者の夢、家事ロボットを実現するかもしれない研究

  8. 排泄支援ロボット多様に 「できるだけ自分で」を手助け

  9. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験