科学的介護に向けたデータ収集、評価者間のブレがなく、生活機能変化を把握できる指標とせよ―全老健

エビデンスに基づいた介護サービス(いわゆる科学的介護)の確立を目指し、2020年度からの介入・状態等に関するデータベース(CHASE、Care, Health Status & Events)本格稼働が目指されている。データ収集の際の評価指標については、「利用者の生活機能変化を把握する」「曖昧な基準を避ける」ために、例えば「ICFに基づいた介護現場における適切な評価指標」などを採用してはどうか―。

全国老人保健施設協会(全老健)は8月29日に、こういった内容の要望「『介護分野における今後のエビデンスの構築に向けて収集すべき情報』について」を厚生労働省老健局の大島一博局長と、厚労省「科学的裏付けに基づく介護に係る検討会」の鳥羽研二座長(国立長寿医療研究センター理事長)に宛てて提出しました(全老健のサイトはこちら)。

サイト:メディ・ウォッチ
URL:https://www.medwatch.jp/?p=22216

関連記事

  1. レクリエーション介護士資格を手掛けるBCC株式会社 「第1回CareTEX福岡2018」出展 介護レクリエーション専門情報誌『介護レク広場.book』を展示

  2. 厚労省、介護ロボ開発協議会を全国50カ所に設置

  3. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  4. 介護人材不足 採用難でベッド休眠

  5. 業界初!料理体験型デイサービス 大好評につき第3号店「NANAIRO COOKING STUDIO 三軒茶屋」2018年7月1日にOPEN!(予定)

  6. 介護サービス業で働く人の「職場満足度」は? 上司や職場の雰囲気がポイント

  7. 見守り機器やタブレット端末の導入、8割近い特養で高評価―WAM

  8. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  9. ロボットが支える高齢者の日常 藤田保健衛生大 研究施設で記者が体験