Googleマイビジネス編集方法

今回はGoogleマイビジネスの編集方法について説明させていただきます。

そもそもGoogleマイビジネスの編集とはどのように行うのでしょうか。大きく分けて2通りあります。

マイビジネスの編集環境

先ほども言いましたが、Googleマイビジネスの編集環境は2通り存在します。

①パソコン環境にて編集を行う

②モバイル環境で編集を行う

というものです。

モバイル環境にて編集する場合はGoogleが提供している「マイビジネス」アプリを使って編集します。

モバイルをメインで編集される方は、まずはこの「マイビジネス」アプリをダウンロードして下さい。

アプリのインストールに関するご相談は以下のURLより

https://caitech.jp/indoorview-lp/

マイビジネスの編集環境

1、マイビジネスにログインし、管理するページを選択します。

2、『編集』をクリックします。

3、『ビジネス名』、『カテゴリ』、『住所』、『営業時間』、『特別営業時間』、『電話番号』、『ウェブサイト』、『紹介文』を編集することが出来ます。

現在、オーナー確認が完了していない方で、オーナー確認でハガキでの確認を選択し、ハガキの到着待ち段階(リクエスト段階から確認コードの入力段階までの間)の場合は、『ビジネス名』、『住所』を変更しないで下さい。オーナー確認手続きが無効になってしまいます。注意しましょう。

それでは各項目について簡単に説明していきます。

ビジネス名

ビジネス名は施設名などを分かりやすく簡潔に記載するようにしましょう。既に自動で登録されているビジネス名に問題がある場合はビジネス名の右横のペンマークをクリックして編集しましょう。

カテゴリ

カテゴリにはメインカテゴリ、追加カテゴリが存在し、追加カテゴリは複数登録することができます。

施設のマイビジネスの営業内容に最も合ったカテゴリをメインカテゴリに設定し、複数の事業がある場合は追加カテゴリを追加登録して下さい。

カテゴリに追加する文言は自由に記載が行えません。カテゴリ追加欄に思い当たるカテゴリ名を入力すると、入力した文言とマッチする項目がGoogleが設定しているカテゴリ一覧に存在する場合は表示されます。

住所

「国」「郵便番号」「都道府県」「住所」の編集が可能です。Googleマップ上のピンの位置も変更できます。細かいところまで設定することができるので正確な所在地を登録するようにしましょう。

営業時間

始業時間は曜日単位で設定を行い、営業か定休日の選択も可能です。施設の利用者、そのご家族、転職者の相談を受け付けることができる時間を設定しましょう。また、営業時間は昼休憩などがある場合は曜日単位で複数時間にわけて登録出来ます。

特別営業時間

通常営業日以外の定休日や通常定休日に当たる営業曜日に特別営業を行う場合などの設定を行うことができます。

Googleマイビジネスは世界企業であるGoogleのサービスなので現在時点で日本の休日等の日本人にとって当たり前の祭日などの情報も初期状態では考慮されていません。

そのため毎年の休日等を手動で入力する必要があります。

営業時間と特別営業時間で入力したこれらの営業時間情報は、検索ユーザーがマイビジネスを検索した際に表示される「営業時間中」や「営業時間外」等の表示に利用されます。

電話番号

市外局番から施設の事務局などの番号を記載しましょう。

マイビジネスはユーザーが検索を対象範囲とするマイビジネスの情報を見つけやすくする概念で作られているため、電話番号も位置情報に影響のある市外局番から始まる電話番号を登録する事が集客には有利になります。

お客様の通話料金を減らすためにフリーダイヤルやIP電話の番号を登録したいというニーズもあると思いますが、その場合は通常の番号をメインで登録したうえで追加の電話番号として登録する事をお奨め致します。

ウェブサイト

公式ウェブサイトのURLを記載致します。

他の施設の運営展開を行っている場合、公式サイト内に施設毎のページがある場合は、マイビジネスに登録するウェブサイトのURLは公式サイトのトップページでは無く、施設毎のページのURLを登録して下さい。

クチコミにて編集出来る項目

クチコミの編集画面では「クチコミを報告」とクチコミへの「返事」が行えます。

クチコミはユーザーが自由に行える項目なので、残念ながらビジネスの評価を下げるような書込もあります。

マイビジネスの管理者としては、その様な評価は削除したいところですが、残念ながらその様な評価を自由に削除する事は出来ません。

もちろん、Googleのコンテンツポリシーに違反する内容の場合は「クチコミを報告」を利用して報告して認められれば削除される事もあります。

しかしコンテンツポリシーに違反していない場合は削除が認められません。

そンな時は「返事」を行い、その様なコメントに誠心誠意対応を行う事で書込を行ったユーザーが削除をしてくれる可能性があります。

もしくはその様な誠心誠意の対応を行っている事を他のユーザーが目にする事で、「この様な書込をされているがきちんとしたお店なんだな」とユーザーが理解してくれるメリットもあります。

評価の下げられるようなコメントがあった場合は是非この「返事」を使って対応しましょう。

施設に入居する利用者、そのご家族、転職者に誠実さが伝わるような対応を心がけていきましょう。

Googleのローカル検索結果の掲載順位を上げるには

Google マップの検索結果は、主に関連性、距離、知名度に基づいて抽出されます。これらの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。

(これらの検索結果順位はGoogleマイビジネスの最適化等のMEO対策を行う事で上位表示を狙う事が出来ます。)

たとえば、Google の検索テクノロジーにより、遠い場所にあるビジネスでも、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断される場合があります。

Googleマイビジネスは登録するだけで無く最適化する事でその効果を発揮致します。

施設の基本情報やそれに関係する基本情報を入れることでより充実した検索結果が出ます。利用者、ご家族、転職者が興味を持つ、情報を中心に書くようにしましょう。具体的には、施設名、所在地、電話番号、URLなどの基本情報を確実に入れ、検索内容との関連性を高めていくことが重要です。

各項目の編集についての相談はこちらをクリック→https://caitech.jp/indoorview-lp/

参考URL:https://omotenashi.com/indoorview/mybusiness/

 

 

 

関連記事

  1. ヘルシーフードショーに行きました!|日本最大級の介護食品の展示会

  2. 「事業者の『質』の向上をお手伝します」|“介”護の助け“舟”の「介舟ファミリー」

  3. RICOH THETA SとGoogleストリートビュー

  4. 個別機能訓練加算 とは 〜個別機能訓練計画書編〜

  5. 認定フォトグラファー Googleストリートビュー

  6. 眠りSCAN | パラマウントベッド

  7. 今を輝く介護従事者インタビュー Vol.1

  8. MEOとは

  9. ストリートビュー撮影ルール