コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

西条市では、情報通信技術(ICT)を活用したスマートシティ構築トライアル事業として、7月1日から9月30日までの3ヵ月間、「コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援」を実施します。

 これは、市内在住の高齢者と市外在住のご家族とのコミュニケーションツールとして、高齢者宅に最新の音声認識AIを内蔵した見守りロボットを設置し、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を通じて情報をやり取りするとともに、親しみやすい形状と音声で、ストレスなく、ゆるやかに高齢者を見守るものです。画像や音声メッセージにより、双方の様子を確認できることで、離れて暮らす家族の様子が分かり、一人暮らしの不安を解消し、安心・安全な生活を確保するとともに住みやすさを実感していただけるものです。

実施期間:平成30年7月1日(日)~9月30日(日)
台  数:10台
対 象 者 :高齢単身世帯または高齢者のみの世帯と市外在住のご家族

http://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/koreikaigo/robottotoraiarujissi.html

 

サイト:JIJI.COM
URL:https://www.jiji.com/jc/article?k=20180611Pr9&g=jmp

関連記事

  1. [介護のいろは](7)福祉用具 どう選ぶ?

  2. 介護サービス業で働く人の「職場満足度」は? 上司や職場の雰囲気がポイント

  3. 介護の人手不足、9割弱が「採用困難」理由 事業所調査

  4. 介護の仕事知って テレビ局経験生かし積極的に発信

  5. ベッドが空間を感知する介護ロボットになる! 褥瘡(じょくそう)を予防し、安全を見守る ポジションセンシングパッド

  6. 技術革新でヘルスケア分野を変革!進む デジタル×医療・介護

  7. 外部リハ職との連携、スマホ動画の共有でOK 訪問介護などの加算 ICTで効率化

  8. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  9. ICT導入に助成金 介護人材不足軽減へ /静岡