コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

西条市では、情報通信技術(ICT)を活用したスマートシティ構築トライアル事業として、7月1日から9月30日までの3ヵ月間、「コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援」を実施します。

 これは、市内在住の高齢者と市外在住のご家族とのコミュニケーションツールとして、高齢者宅に最新の音声認識AIを内蔵した見守りロボットを設置し、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を通じて情報をやり取りするとともに、親しみやすい形状と音声で、ストレスなく、ゆるやかに高齢者を見守るものです。画像や音声メッセージにより、双方の様子を確認できることで、離れて暮らす家族の様子が分かり、一人暮らしの不安を解消し、安心・安全な生活を確保するとともに住みやすさを実感していただけるものです。

実施期間:平成30年7月1日(日)~9月30日(日)
台  数:10台
対 象 者 :高齢単身世帯または高齢者のみの世帯と市外在住のご家族

http://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/koreikaigo/robottotoraiarujissi.html

 

サイト:JIJI.COM
URL:https://www.jiji.com/jc/article?k=20180611Pr9&g=jmp

関連記事

  1. 介護人材不足 採用難でベッド休眠

  2. なぜ介護ビジネスは中小企業ばかりなのか〜8割超の原価は人件費、施設費〜

  3. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  4. ヘルパーを腰痛から守る介護用移乗ロボット「Hug」の導入が進まない理由

  5. ロボットが支える高齢者の日常 藤田保健衛生大 研究施設で記者が体験

  6. 介護サービス業で働く人の「職場満足度」は? 上司や職場の雰囲気がポイント

  7. 政府、外国人介護士に新枠設定 来日拡大へ人数制限緩和

  8. 歩行分析から認知症の予防や未病につなげる仕組みを開発

  9. 帰省の機会に「地域包括支援センター」で情報収集を