コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援を実施します=愛媛県西条市

西条市では、情報通信技術(ICT)を活用したスマートシティ構築トライアル事業として、7月1日から9月30日までの3ヵ月間、「コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援」を実施します。

 これは、市内在住の高齢者と市外在住のご家族とのコミュニケーションツールとして、高齢者宅に最新の音声認識AIを内蔵した見守りロボットを設置し、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を通じて情報をやり取りするとともに、親しみやすい形状と音声で、ストレスなく、ゆるやかに高齢者を見守るものです。画像や音声メッセージにより、双方の様子を確認できることで、離れて暮らす家族の様子が分かり、一人暮らしの不安を解消し、安心・安全な生活を確保するとともに住みやすさを実感していただけるものです。

実施期間:平成30年7月1日(日)~9月30日(日)
台  数:10台
対 象 者 :高齢単身世帯または高齢者のみの世帯と市外在住のご家族

http://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/koreikaigo/robottotoraiarujissi.html

 

サイト:JIJI.COM
URL:https://www.jiji.com/jc/article?k=20180611Pr9&g=jmp

関連記事

  1. 2018年8月から、高所得の高齢者で医療・介護の自己負担引き上げ―厚労省

  2. 2030年には国内の受付ロボットなどが900万台に、シード・プランニングが調査

  3. ロボ普及に現場の声 介護者の負担減、働き手確保へ

  4. 複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を

  5. 「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減!NTTデータが 介護施設向け見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始

  6. 介護施設をスマホで見学できる介護専門ストリートビュー!

  7. 来年から介護保険始まる台湾 日本のシステム学びに視察

  8. 中国人エリートが”日本の介護”を羨むワケ

  9. 認知症患者への接し方、医師ら伝授 京都、気持ちや特性を体験