ストリートビュー撮影ができないビジネス

中には、Google ストリートビューの撮影を行うことができないビジネスも存在します。主な理由としては、プライバシーを保護するためですが、具体的にはどんなビジネスが撮影を行うことができないのでしょうか。以下の通りです。

ストリートビュー撮影が出来ないビジネス

  • アパート
  • 住宅
  • メンタルヘルスクリニック
  • 中絶クリニック
  • 外傷センター
  • リハビリセンター
  • 中毒治療センター
  • 警察/軍事施設
  • 拘置所
  • 刑務所

などがあるそうです。

敷地に人がいる状態で撮影ができないビジネス

  • 居住施設のない歯科医院
  • レーザークリニック
  • 美容外科クリニック
  • 理学療法センター
  • 超音波センター
  • 保育園
  • 幼稚園
  • 小学校
  • 中学校
  • 高等学校

介護施設はどちらにも入っていないので、ストリートビューの撮影が可能です。ぜひ、施設の魅力が伝わるような撮影を行いましょう。

ご相談はこちらをクリック→https://caitech.jp/indoorview-lp/

参考URL:https://omotenashi.com/indoorview/shooting-ban/

関連記事

  1. ストリートビューアプリの魅力

  2. たのしい、だから続けられる。運動を楽しく支援する自立支援システム|TANO|ラッキーソフト

  3. 認定フォトグラファー Googleストリートビュー

  4. 誰でも簡単にVRツアーを作成することができる、「Tour Creator」

  5. インドアビューを導入するべき理由

  6. 日本最大級のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC(スポルテック)2018」~ICTリハ編~

  7. iOS端末でのiframe版ストリートビュー動作不具合対策方法

  8. マイビジネスの現状を確かめましょう

  9. 個別機能訓練加算 とは 〜個別機能訓練計画書編〜