AIで作成した介護計画を検証 厚労省、初の全国調査

厚生労働省は、人工知能(AI)による高齢者の介護計画(ケアプラン)の作成が広がってきたことを受け、効果や課題などを検証する初の全国調査を実施する。夏にも調査を委託する事業者を選び、2018年度内に報告書をまとめる。介護従事者の負担軽減や生産性向上につながる取り組みを検証し、効果的な支援策作りに役立てる。

ケアプランは利用者に必要な介護サービスの種類や頻度などをまとめた計画書。利用者本人や家族、かかりつけ医らの意見を聞くため、作成に数日かかることもある。

要介護認定者が毎年10万~20万人規模で増え続けるなかで、作成にあたるケアマネジャーの負担を軽減するため、AIを使う動きが広がっている。

介護大手のツクイなど15の事業者は、連携してケアプラン策定にAIを活用。どんなサービスを提供すると健康状態が改善するかといったデータをAIに学習させ、業務の効率化をめざしている。厚労省は介護事業の生産性向上にAIの利用が欠かせないとみているが、民間企業の取り組みを把握しきれていない。

シンクタンクなどに調査を委託し、実際の利用者の声や負担軽減の効果、普及への課題など実態の把握を進める。AIの活用を後押しするための補助金の創設や、先進的な事例の共有にもつなげる。

サイト:日本経済新聞
URL:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31050590Y8A520C1EE8000/

関連記事

  1. プラス、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で「吉野家のやさしいごはん(R) うなぎの蒲焼き」の先行受注開始 お食事会や暑気払いにぴったり! 小骨がほとんど気にならない!

  2. 技術革新でヘルスケア分野を変革!進む デジタル×医療・介護

  3. 介護施設マッチングサービス「KURASERU」、TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトルで富士通賞を獲得!

  4. 最期まで幸せであるためのケアとは何か?(後編) 真田弘美先生(東京大学 老年看護学・創傷看護学)

  5. 56歳で早期退職 元大手ITエンジニアが「介護タクシー」続けるワケ

  6. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多

  7. 横浜市、介護人材受け入れでベトナム3都市・5学校と覚書

  8. 年金、医療、介護…「日本の社会保障制度」って本当に大丈夫なの? 介護費用は2040年に60%も増加

  9. 2018年度医療・介護報酬ダブル改定後の介護経営の在り方とは。介護事業者300名が集結、介護人材34万人不足やICT対策など課題を議論