怠け者の夢、家事ロボットを実現するかもしれない研究

ロボットが家事を全部やってくれるドリームライフ、まだ?

家電の進化でちょっとずつラクになっているものの、家事はまだまだ人間の仕事です。しかし、ロボットがやってくれるようになる日もそう遠くはないかもしれません。というのも、家事のデータベースとシミュレーション動画を使って、ロボットに家事の仕方を教えようとする研究があるのです。

MITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)、トロント大学、マギル大学、そしてリュブリャナ大学の研究者たちは、コンピューターにビデオ教材を見せることで、あらゆる家事の仕方を教えるメソッド「VirtualHome」についての論文を発表。MITのプレスリリースによれば、「VirtualHomeとは、細かな家事タスクのシミュレーションを行なうことができ、それらを人工の“バーチャルエージェント”に実行させるシステムで、いつかロボットたちにそういったタスクの仕方を教える可能性を開くでしょう」とのこと。

VirtualHomeには1つの家事に対して何通りものやり方(プログラム)を説明する家事のナレッジベースがあり、ナレッジが有するプログラム(3000近くある)をバーチャルなキャラクターが実演する3D動画が生成されます。その動画を見たAIは見たことをそっくりそのまま、つまりプログラムが実演する家事に伴う行動すべてをマネするという流れ。

サイト:GIZMODE
URL:https://www.gizmodo.jp/2018/06/virtual-home.html

関連記事

  1. 老人福祉事業者の倒産は過去3番目の高水準 倒産理由では利用者が集められない「販売不振」が最多

  2. 複数センサーの”掛け合わせ”で介護現場に革命を

  3. 第8回 介護甲子園 セミファイナル 開催!各事業所が取り組みを発表、投票により日本一が決定!

  4. プラス、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で「吉野家のやさしいごはん(R) うなぎの蒲焼き」の先行受注開始 お食事会や暑気払いにぴったり! 小骨がほとんど気にならない!

  5. 中国人エリートが”日本の介護”を羨むワケ

  6. カナミックN Research Memo(3):地域の医療・介護従事者の仕事を支えるプラットフォームをクラウドで提供

  7. 神戸発・見守り介護ロボ 夜間巡回で徘徊者を検知

  8. 重度障害者も一人暮らし…「自立生活センター」各地に

  9. 宮城県、フィリップスと連携 IoTで集合住宅介護